K'z lab

オッサンの隠れ家

筆界線を点群データで表示

Potree 
image1
CloudCompare
image2

サンプル

サンプルは、筆界線上に0.005m間隔で線上点を作成したもの。
今のところ地番は、html(three.js)による表示。
いずれ点群データで表示したい。

Potree 1.5RC/1.8 比較

P15
P18
画質や操作性は1.8の方が良いが、1.5RCではhtmlの加工で筆界線や地番が描画できる。

対応ブラウザ
・1.5RC
Windows:Crome、Edge
Android:Crome
iPadOS:Crome、Safari
・1.8
Windows:Crome、Edge
Android:Crome(Splat QualityをHigh Qualityにすると、点群データが消える?)
iPadOS:×

サンプル
1.5RC
1.8


追記
PotreeConverter_2.1で作成したhtmlには、three.jsが読み込まれておらず、これを加えたら 1.8 でも筆界線や地番の表示ができた。

写真追加
赤丸がBLK360計測地点
Image1

2階の屋根の計測
Image2

RTKLIB 2.4.3 b33(改)

Image1
 https://www.n-survey.com/gis/rtklib/index.htm
「Leaflet View メーカー.xlsm」で、html に SIMA の区画データを挿入する機能を追加しました。

RTK_TOOL3 Ver.2020.10.26

Image1
「Setting」に「ユーザー名変更」を追加しました。
これは、ラズパイのユーザー名を変更して使用されている場合(デフォルトは「pi」)、プログラム本体(RTK_TOOL3.py)の中のパスの記述を書き換える必要があり、これを実行することにより現在のユーザー名に修正することができます。
書き換え後は、RTK_TOOL3 を再起動してください。

RTK_TOOL3 Ver.2020.10.25

img1
STR2STR で TCP Server を選択する場合も Mountpoint の入力が必須にもかかわらず、入力欄が無効になるのを修正しました。
Mountpoint は、TCP Server の設定自体には不要ですが、登録ファイル名としても使用するため、入力が必須となります。

RTK_TOOL3 Ver.2020.10.24

Image1
STR2STR(基準局)の Output で、TCP Server を選択できるようにしました。TCP Server の設定は、配信するPCで開放したポートの番号のみです。
起動時に、Output の前回の設定を復元するためには、「RTK_TOOL3.ini」を同梱のファイルで上書きしてください。その場合、STR2STR での再設定が必要になります。
前回の設定を引き継いだ状態で起動するには、メモ帳等で「RTK_TOOL3.ini」を開いて [STR2STR] の項目の最下行に「Output             =」を追加・保存してから起動してください。次回起動時から、Output の設定の記憶が有効になります。

RTKLIB 2.4.3 b33(改)

Image1
rtknavi で Solution Display を非表示にしたときに、平面直角座標系のコンボボックスが非表示にならなかったのを修正しました。
その他、機能的な変更はありません。

ZED-F9P HPG 1.13 firmware


ZED-F9Pのファームウェアをアップデート。
アップデート後、保存済みの設定ファイルをロードしてからSNIPにデータを送ろうとしたが、上手くいかず、手動でF9Pを再設定したところ、無事復活した。
 

QGIS 3.12

Image1
QGISを3.10から3.12にアップデート

3.10をアンインストール(アンインストール後に残ったフォルダも削除)後、クリーンインストール。
Digitizer3の「環境設定」をしようとすると、pipでエラーを起こす。
こんな感じ
> C:\Program Files\QGIS 3.12\apps\Python37>python -m pip install ***
WARNING: pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available.

ググるとこんなページが...
Windows用のopensslをインストールすると、良いらしい。
https://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html から、Win64 OpenSSL v1.1.1g(64bit用)をダウンロードして、インストール。
で、無事解決。

※ Digitizer3 Ver.2019.11.10以降は、環境設定用のバッチファイルを自動生成するので、Digitizer3をインストール後、メニューの「プラグイン→Digitizer3→環境設定」を実行すれば良い。
※ QGIS3.12では、PIL(Pillow)がはじめからインストールされているようだ。バッチファイルの実行中、既にあると叱られるが、無視して良い。

Digitizer3

RTK基準局 kzlab01

kzlab01
正式公開しました。
ギャラリー
  • 筆界線を点群データで表示
  • 筆界線を点群データで表示
  • Potree 1.5RC/1.8 比較
  • Potree 1.5RC/1.8 比較
  • Potree 1.5RC/1.8 比較
  • Potree 1.5RC/1.8 比較
  • RTKLIB 2.4.3 b33(改)
  • RTK_TOOL3 Ver.2020.10.26
  • RTK_TOOL3 Ver.2020.10.25
  • RTK_TOOL3 Ver.2020.10.24
  • RTKLIB 2.4.3 b33(改)
  • ZED-F9P HPG 1.13 firmware
アーカイブ
プロフィール

北海シマエビ

土地家屋調査士・測量士
ペンネーム:中村浩司
年齢:永遠の5さい

基準局情報
メッセージ(非公開)

返信希望の方はメールアドレスの記入もお忘れなく。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ